スマホで副業する際には、注意が必要

パソコンやスマホの普及によって、メールで連絡を取り合ったり、メールに添付して文章やデータなどを送ることが簡単にできるようになりました。
今ではスマホで副業する方も増えているようです。

しかしスマホで副業する際には注意点があります。
顔の見えない相手とメールだけでやり取りし、契約書も交わさない状態で仕事をすると、リスクもあるのです。
スマホで副業するには、メールアドレスなどの個人情報を知らせることも多いです。
スマホで副業が簡単にできると広告し、集まった人からメールアドレスなどの個人情報を得るという犯罪集団も存在しています。

また、スマホで副業するには初期費用としてお金を支払わないといけないと言われた場合も危険です。
初期費用のかかるスマホで副業する仕事は、90%以上は詐欺的な集団によるものだと思います。
スマホで副業するにあたり、お金を要求するようなメールが来た場合、そのメールは無視するか消費者センターに相談したほうが良いかもしれません。
メールアドレスを教えてしまっていても、焦る必要はありません。
迷惑メールとして登録したりすることで、メールの受け取りを拒否することもできます。

スマホで副業を始めると、口コミを書いてほしいという仕事を見かけるかもしれません。
この口コミという仕事は、口コミを書いた本人が訴えられてしまうこともあるので気をつけましょう。
実際に自分が購入した商品の口コミであっても、お金をもらって口コミを書くという行為自体を問題視する会社もあるのです。

もちろんウソの口コミを書いた場合も訴えられる可能性があります。
それほど口コミを書く仕事にはリスクが伴うのです。
口コミだけを要求するような会社や、ウソや妄想の口コミもOKだと言う会社の口コミをする仕事は信用しないほうが良い場合があります。
普段よく使っているスマホで副業ができることはメリットでもあるのですが、危機管理ができずに詐欺や犯罪に巻き込まれることも多いです。
むやみにメールアドレスなどの個人情報は教えずに、スマホで副業を行ったほうが良いかもしれません。